2010年9月26日日曜日

ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 11g:1Z0-017 勉強の進め方・参考書・参考ページ

オラクルブロンズを取得するには、
Oracle Database 11g 管理者 | オラクル認定資格制度 | Oracle University
で書いてある通り、
・「1Z0-017」または「1Z0-051」
・「1Z0-018」
の2つを取得しなければならない。

Oracle Bronzeを目指すなら、2つの内の1つ、SQLの資格を取得しよう。

さっそく、SQLの「1Z0-051」を受験したが、合格ラインぎりぎりで不合格になってしまった。問題集よりレベルが高いように感じた。オラクルを実際にインストールしてSQLを実行してみたり、細かいところを確認してみたり、様々なパターンのSQLを試してみたりして、実行結果を確認しながら勉強しないと高得点での合格は難しいと感じた。

そこで、「1Z0-051」は諦め「1Z0-017」を受験することにした。こちらは、80%以上のスコアで合格することができた。黒本の問題集に似たような問題が出題されたので、精神的に楽に解答することができた。次の本を使用して勉強しました。赤本1Z0-051(左図)、黒本1Z0-051(中図)、黒本1Z0-017(右図)を使用しました。私は、黒本1Z0-017(右図)も買いましたが、範囲を確認するだけで、ほとんど使いませんでした。

  

1Z0-051の本で勉強をして1Z0-017を受験しました。1Z0-017の範囲を確認しながら該当する箇所を勉強するとよいと思います。
1Z0-051の試験範囲
1Z0-017の試験範囲

私がどうやって勉強したか
1.赤本を最後まで読む。
2.黒本の練習問題に取り組む。(1回目)
3.黒本の総仕上げ問題に取り組む。(1回目)
4.黒本を取り組んでいて、気になるところ赤本を読む。
5.黒本に取り組む。(2回目)
2~3週間くらい間が空けて
6.黒本に取り組む。(3回目)

「1Z0-017」を受験するなら、上の書籍で取り組めば十分と思います。

以上

0 件のコメント:

コメントを投稿